虫歯ができた・・・

■ 歯に穴が空いた
■ 歯に黒いところがある
■ 詰め物・被せ物の脇から虫歯ができた
■ 初期虫歯がある
■ 痛みなく虫歯治療をしたい

というような場合です。

虫歯ができる原因

虫歯の原因は、虫歯菌がお口の中の糖分をエサに酸を作り出し、それが歯を溶かすことによって起こります。

口の中では、食事のたびに、歯のミネラル分が酸によって抜け出してしまう「脱灰」と、唾液中のミネラルが歯に沈着する「再石灰化」という現象が起こっています。

そのバランスが取れている状態では虫歯になりませんが、糖分を口に入れている時間が長かったり、歯磨きをせずに虫歯菌が歯の周囲にたくさんいたりすると、歯が溶けて穴があき、虫歯となります。

虫歯を放置するデメリット

◆痛みが出る

虫歯は、初期の段階ではほとんど痛みを出しませんが、内部に進行するにつれて神経に近くなりますので、痛みが出てきます。

最終的にはズキズキと痛みを出し、痛み止めが効かなかったり、麻酔が効きにくくなったりすることも少なくありません。

◆歯がどんどんなくなる

歯がだんだんと溶けてなくなっていきますので、見た目が悪くなっていきます。

治療をする場合でも、詰め物の大きさが大きくなったり、詰め物では補い切れず被せ物をしなければならなくなることもあります。

◆治療が大がかりになる

小さな虫歯の場合、簡単な治療ですぐに終わらせられますが、虫歯が大きくなるにつれて麻酔が必要になったり、治療回数がかかったり、その分費用も余計にかかったりなど、様々な面で治療が大がかりになっていきます。

虫歯の治療法

虫歯は、進行状況に応じて次のような治療を行います。痛みを少なく治療をするためには、なるべく軽いうちに対処することが大事です。

◆経過観察(フッ素塗布)

虫歯がごく初期でまだ穴が空いていない場合には、再石灰化を促して虫歯を治す方法を試みます。再石灰化を促すためにはフッ素塗布が効果的です。

◆レジン充填

小さめの虫歯の場合には、削って歯科用の樹脂を詰めるレジン充填を行います。

◆銀歯を使った治療

ある程度範囲が広めの虫歯の場合、保険治療では銀歯を詰める、もしくはかぶせる治療を行います。

◆セラミックを使った治療

保険外治療を選ぶ場合、審美的に治療ができるセラミック治療が主に行われます。セラミックは歯の自然な色を再現できるので、治療したことがわからないくらいきれいに仕上がります。

◆神経の治療

虫歯が神経に達してしまっている場合には、神経を取り除く治療を行い、それが終わった後に詰め物もしくは被せ物の治療を行います。

山田歯科クリニックのむし歯治療

当院では、むし歯の治療として、審美的にも美しく、二次むし歯などにもなりにくいセラミック治療をオススメしております。

素材による違いなど、十分にご説明いたしますので、不明な点はどんなことでもお気兼ねなくご質問ください。

つめもの治療費用

※価格はすべて税込です。

ゴールド
33,000円
e-max
66,000円
ジルコニア
77,000円

かぶせもの治療費用

※価格はすべて税込です。

メタルボンド(レジン)
49,500円
ゴールド
66,000円
ジルコニアオールセラミックス
99,000円

リスクと副作用について(保険外治療)

保険外の治療においては「高価である」「極端に強い衝撃で破折する」などのデメリットを伴う場合があります。

そこで、当院ではそれぞれの治療方法について『メリット・デメリット』をご説明させていただいた上で治療を行っています。

ご不安な点などはどんなことでもご相談ください。